〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町9-12 香櫨館2F

お電話はこちら

 医院紹介

トップ > 医院紹介

  1. 注意喚起と上手な通園方法

    入所後はほとんどの子どもは色んな感染症に何度もかかります。

    風邪かな?体調崩したかな?と思われたら、早い目に受診される事をお勧めします。我慢して高熱を出してしまうと何日もお休みをすることになったり、お母さんも仕事にいけません。軽症のうちに治療し、服薬しながら登園も可能な事も多いです。その際も保育園・幼稚園からの帰りに通院して管理していく事もできます。少しでも登園できる日を維持するためにクリニックを上手に利用してください。

  2. 6月は親子ともに疲れ気味(@_@;)?

    保育園・幼稚園の送り迎えとお仕事、親子ともに緊張の毎日!
    子どもを元気に登園させようと気遣ってきたお母さん。
    この時期、お母さんにも疲れが出るころです。
    お母さんも我慢されずに軽症のうちに受診治療されてください。
    当医院では親御さんの薬も処方しますので遠慮なくご相談ください。

  3. 夏かぜとは…いつから登園できるかな?

    夏かぜは多くが高温、高湿度を好むウイルスにより起こる感染症です。有効な治療薬はありません。症状を和らげる治療が中心です。予防は手洗いやうがいです。
    ≪ 登園登校について ≫
    咽頭結膜熱(アデノウイルス感染)は、学校保健法で「主要症状が消失した後2日を経過するまで出席停止」と定められています。しかしヘルパンギーナ手足口病は出席停止になる感染症ではないので、高熱なく全身状態が安定していれば登園・登校は可能です。担当医と相談してください。

  4. 夏季旅行中の注意点

    夏休みの帰省や旅行のため、長い日数の処方が必要な際は受診時に申し出てください。
    他所への移動に備え、お薬手帳と母子手帳の携帯を忘れないようにしてください。

  5. お盆明けの子どもの発熱や体調不良…?

    お盆の長距離移動&帰省先での暮らしで疲れが出てしまったのでしょうか?
    この様に普段の週末とは異なる生活環境や長距離移動が続くと、子どもの体調に影響してしまいます。こどもの様子や体調の変化に注意し、無理な登園や外出を控えて休養に務めるのが一番です。そしていつものリズムに戻してあげる事が大切です。親御さんも同様の事が言えます。こどものちょっとした不調に気付いてあげてください。気になる症状があれば、気軽に小児科受診してください。

  6. インフルエンザ予防接種は…?

    ウイルスに対する感染防御や発症阻止の効果は完全ではありませんが、感染しても発病を抑え、症状を軽くする効果があります。そのため1歳以上のお子さん、特に保育園・幼稚園・学校などの集団生活をしているお子さんには接種をお勧めします。できれば、ご両親も同時期に接種されることでお子さんを感染から守ってあげましょう!

  7. 抗インフルエンザ薬の予防投与…?

    インフルエンザ予防は手洗い・うがい・マスク・加湿・予防注射ですが、発症を完全に防げるわけではありません。身近にインフルエンザ患者が発生した場合接触から36時間以内であれば、抗インフルエンザ薬の予防投与で7~8割の方がインフルエンザの発症を防げると言われています。ただし、投与期間内しか予防効果がないと言われています。また保健適応には色々な条件があります。多くの場合、公的医療保険が使えず自費診療の扱いとなります。
    まずは、かかりつけ医に事情を説明し、相談してみましょう!

  8. おなかの風邪…?

    おなかの風邪は「吐き下し」「嘔吐下痢症」「ウィルス性胃腸炎」など、様々な呼び方で呼ばれています。保育園・幼稚園などでは、集団感染が起こることが多いです。
    治療の中心は小まめな水分補給、安静、整腸剤内服などの対処療法になります。
    汚物・吐物の処理は、①早く処理、②乾燥させない、③消毒(塩素系)を守りましょう。
    また、下痢の色が変な場合(白っぽい、黒っぽい、血便)は、速やかにかかりつけ医を受診し、診察と便の検査をしてもらう事も必要です。

  9. お母さん、お父さんの風邪くすりも…

    寒くなるにつれて、風邪症状の園児が増えてきます。お迎えの帰り道にお子さんの受診をされる際にはご要望があれば、親御さんの風邪くすりや胃腸薬、鎮痛解熱剤等の処方が可能です。遠慮せずにお気軽に申し出てください。
    たとえ軽い風邪でも軽いうちに対処されるのが、早く治すコツです。
    我慢しない!頑張りすぎない!お子さんと一緒に早く治してくださいね!

  10. 予防接種の期限…?

    予防接種には接種期間が決められています。期間を過ぎてしまうと自費扱いになるだけでなく、有害事象が起こった際の補償も大きく異なります。

    B型肝炎
    :1歳に至るまでの間
    BCG
    :1歳に至るまでの間
    麻疹・風疹
    :12ヵ月から24ヵ月に至るまでの間
    水痘
    :12ヵ月から36ヵ月に至るまでの間
    ヒブ
    :60ヵ月(5歳)に至るまで間
    肺炎球菌
    :60ヵ月(5歳)に至るまで間
    四種混合
    :90ヵ月(7歳6ヵ月)に至るまで間
    日本脳炎
    :6ヵ月から90ヵ月(7歳6ヵ月)に至るまでの間

    今一度母子手帳をご確認ください。わからない時はかかりつけ医に相談しましょう!

  11. 予防接種週間:3月1日(日)~7日(土)

    4月からの入園・入学に備えて必要な予防接種をすませ、病気を未然に防ぎましょう!
    今一度母子手帳をご確認ください。特に3歳までの水痘、年長さんのMR(麻疹・風疹)5歳までのヒブ・肺炎球菌ワクチン。
    わからない時は「かかりつけ医」に遠慮なく相談しましょう!

  12. 保育園児の感染対策

    登園する朝には必ず検温して37.5℃以上の熱の有無をチェックしましょう!
    保育中に発熱した患児は翌日も休んで自宅での療養を指示する保育所が増えてます。まる1日は発熱がないことを確認して登園して下さいとする対応の所が多いようです。まだ有効な治療薬も予防接種もないため、家庭での食事と十分な睡眠・休養で免疫力を維持することが大切です。
    不安な時は登園前に「かかりつけ医」を受診して相談して下さい。

  13. 家庭での対応

    登園を自粛するように要望する保育園も多くなってきました。
    余儀なく仕事を休んで、自宅で子どもと過ごす時間が増えることと思われます。
    親子ともにストレスが溜まりますが、子どもにとって、お母さんが笑ってくれているのが一番安心できることです。仕事・家事など心配なことも多々ありますが、笑顔を見せてください。
    きっと子供も笑顔になりますよ。
    不安な時は「かかりつけ医」に遠慮なく相談して下さい。TEL:0798-35-1001

外観・院内風景

  • 入口
    入口
  • 受付
    受付
  • 待合
    待合
  • 診察室
    診察室
  • 処置室
    処置室
  • 第二診察室
    第二診察室
  • キッズスペース
    キッズスペース
  • 化粧室
    化粧室

ページトップへ